携帯料金下げたかったら今すぐ格安SIMにした方がいい

Life

こんにちは。けんです。

僕は格安SIMを利用し始めてから2年くらい経ちました。

それまでは大手キャリア会社と2年契約とかしていたのですが、携帯料金をなんとか抑えたくて格安SIMにしました。

毎月の平均携帯料金は3000円ほど。
2年使って、4000円を超えたことは一度もありません。

抑えようと思えば3000円、2000円を切ることも可能。

2年利用してみて良いことしかなかったので、格安SIMについて書きました。
携帯料金を少しでも下げたい人は、今すぐ格安SIMにすることをおすすめします。

そもそもSIMってなに?

まず、SIMのことをよく知らない方のために簡単に説明します。

SIMカードとは、スマホの中に入っている小さなカードのことで、その中に電話番号などの情報が入っています。

SIMカードをスマホに挿入しなければ、そのスマホは電話やインターネットを利用することができません。ただ、Wi-Fiなど無線LANに接続していれば、インターネットやLINEなどのIP電話は利用することができます。

電話回線を利用した電話やインターネットを利用するためのカードと思っておけば問題ないでしょう。

格安SIMってなに?

では、格安SIMとはなんなのか。

格安SIMとは、そのまんま格安で電話を契約できるサービスです。

ただ、大手キャリアと比べて格安でSIMカードが手に入るので、そう呼ばれているわけです。
なので大手キャリアと契約したSIMカードと変わりません。

混同するといけないのでここでは以下のように区別します。

  • SIM…大手キャリア(docomo、au、softbank)と契約したSIM
  • 格安SIM…格安SIM会社と契約した

大手キャリアと格安SIM会社の違い

続いて大手キャリアと格安SIM会社との違いを説明しておきましょう。

格安SIM会社は、通称MVNO業者とも呼ばれ、通信設備を持っているMNO事業者から回線の一部を借りてサービスを提供しています。

このMNO業者と呼ばれるのが大手キャリアですね。

なので格安SIMで使う回線はdocomoやauなどの大手キャリアの回線と一緒です。
サポートや維持にあまりお金がかからないので格安で提供できるというわけです。

  • 大手キャリア(MNO)…通信設備を持ち、サービスを提供する事業者
  • 格安SIM会社(MVNO)…MNO事業者から回線の一部を借りてサービスを提供する事業者

格安SIMのメリット

では、格安SIMにするメリットとデメリットを紹介します。

とにかく安い

最大のメリット。とにかく安いことです。
僕は正直ここ数年の携帯料金に疑問を抱いていました。

月額1万円って高すぎない…?

と。

僕はガラケーを持っていた世代ですが、月5000円ほどでした。
たしかにガラケーよりも多くのことが可能になったスマホを持つのは、多少高くなったとしてもしょうがない。

それにしても高すぎる。正直ぼったくられているとしか思えない。

ショップに行く必要がない

携帯ショップ行くのめんどくさくないですか?

やたら待ちますよね、1時間とか平気で。
それで休みの日に時間持ってかれるのが本当にいやでした。

最近はビックカメラやヨドバシカメラなどの店舗で取り扱うようになってきましたが、基本はインターネットでの申し込みが基本です。

スマホを自分で用意して、インターネットで申し込んでSIMが届いてスマホに挿入。
解約する時もインターネットから。

家から出ることなく申し込みから解約までできます。
インターネットで申し込むことが不安な人もいるかもですが、ショップに行くのがめんどくさいタイプの人には超絶おすすめです。

デメリット

人によってはデメリットとなることもあります。

通信環境が悪い可能性がある

大手キャリアの電話回線の一部を借りてサービス提供しているので、利用者が増えた場合、回線が混雑する可能性があると言われています。

ちなみに僕が契約しているのは、格安SIMの中でも有名な「LINEモバイル」ですが、2年使って通信環境に不自由を感じたことはありません。

そりゃ電波が悪い時はありますが、それは大手キャリアと契約していた時もそうでした。

でも、僕も全部の格安SIM会社を試したわけではないので、もしかしたら会社によっては悪いのもあるかもしれません。

心配であれば、通信速度が高速と評判の格安SIMを選べばいいでしょう。

最新iphoneを使うなら大手キャリアの方がお得かも

最新iphoneやエクスペリアなどの高級スマホを使うなら、格安SIMを利用したとしてもあまり安くなりません。むしろ高くなるかも。

理由は簡単。高級スマホの本体料金が高すぎるからです。

格安SIMによって毎月の携帯料金が安くなるのは、今手元にあるスマホを使う、もしくは格安スマホを使う前提の話です。

大体スマホの寿命を2年としましょう。

高級スマホを買った場合の2年間の月額料金

10万円の高級スマホを自分で買って、格安SIMを契約しました。
格安SIMの月額料金は2,000円とします。

スマホの料金10万円を24ヶ月(2年)で割って、1ヶ月あたりの料金を求めます。
10万円÷24ヶ月=約4,100円

スマホの1ヶ月あたりの料金と格安SIMの月額料金を足します。
4100円+2,000円=約6,100円

毎月の基本料金が6,100円です。
正直、大手キャリアと2年契約するのと2年で消費するお金はトントンです。

これが12万円のスマホだったり、ちょっと長電話すればすぐに7,000円台になってしまいます。
これでは、格安SIMの恩恵を受けているとはいえません。

大手キャリアと2年契約するのと2年で消費するお金はトントンです。

格安スマホを買った場合の2年間の月額料金

2万円の格安スマホを買ったとします。
格安SIMの月額料金は上記と同じく2,000円とします。

スマホの料金2万円で24ヶ月(2年)で割って、1ヶ月あたりの料金を求めます。
2万円÷24ヶ月=約800円

スマホの1ヶ月あたりの料金と格安SIMの月額料金を足します。
800円+2,000円=約2,800円

毎月の基本料金が2,800円です。

あたりまえですが、高級スマホ10万円と格安スマホ2万円ではこれほどの価格差が出てきます。

高級スマホを使いたいなら、大手キャリアならではの端末割引サービスなどを利用して、しっかりしたサポートを受けた方がお得だと思います。

格安SIMに乗り換えられない理由はほとんどがこれかな、と。
日本は世界と比べても圧倒的にiphoneを使用している人が多いです。

絶対iphone使いたいから、端末割引サービスがある大手キャリアで継続しようってなるわけです。

それにしても最新のiphone、高いですよね。

正直携帯料金のみならず、スマホの料金もみんな麻痺してきているとしか思えなくて。
だって、たかだかスマホが10万以上ですよ。

パソコン買うわ!!って話です。

携帯料金安くしたいなら、格安スマホもつ決心は必要です。

おすすめの格安SIM会社

おすすめの格安SIM会社を紹介します。
紹介するのは全て僕が利用しているか、知人が利用していて感想を聞いたもののみ。

LINEモバイル

はい、僕が利用している格安SIMです。
2年利用して、不満は一切ありません。

なんといっても自社サービスのLINEとの相性がいいです。
請求金額の案内がLINEで届くのはすごい便利です。

サービス開始時はインターネット申し込みのみでしたが、現在はビックカメラやヨドバシカメラなどの店舗で取り扱っています。

BIC SIM

ビックカメラが提供している格安SIM。

格安SIMがとっつきにくい理由として、実店舗がなく、インターネットによる申し込みが不安というのが挙げられます。

その点、全国各地にあるビックカメラが申し込み・相談の窓口となるビックシムは、インターネットが苦手という人にとっては安心でしょう。

友達が利用していました。
インターネットに疎いやつなので、ビックシム受付窓口にてスマホとSIMをセットで購入しました。特に不満なく使っているみたいですし、わからないことがあるときはビックカメラに行けばいいから安心とのこと。

僕が大手キャリアから格安SIMへの変更を決意した話

これは僕の個人的な愚痴なのでヒマな人だけ見てください。

僕がまだ某大手キャリアと契約していたときの話です。

iphoneを新しい機種に変える際に、子どもに持たせるおまけケータイを勧められました。

子どもはいないし、他に使うあてもなかったので断ると「無料ですから料金かかりません!なんならつけといた方が後々お得になりますよ!」とゴリ押ししてきました。

まあ、「無料ならもらっといてもいいか…」と思って了承してショップを後にしました。

でもその後毎月の請求金額を見たらがっつりおまけケータイの本体料金が引き落とされていました。

いやめちゃめちゃ嘘やん!
しかもそんな最低な接客をされときながら、対応の最後には
「対応したスタッフの投票メールが届くので投票お願いします!『とてもよかった』を選択しないと1票が入らないので甘めで、どうか甘めで…!」

とか言ってきた店員。
今でも許さん…

もちろんその後ショップに行って事情を話したら、対応してくれた他のスタッフさんに解約してもらい引き落とされた分のお金も返してもらいました。

しかし、ただでさえ料金が高かったりして不満を抱いていたキャリアに、こんな悪対応をされた僕の不満は頂点に達していました。

その店員の接客が悪かっただけかもしれません。
でも、色々なオプションサービスをつけて月額で金を搾り取ろうという魂胆が見えてしまい嫌気がさしました。会社からノルマとか課せられているんだろうし。

とりあえず、このキャリアからは契約終了したら解約しよう。でも他のキャリアに行っても二の舞になりそう。というか、あまり携帯料金にお金かけたくないし、キャリアという呪縛に縛られたくない。

これをきっかけに僕は格安SIMへ移行する決意を固めたのでした。

まとめ

昔は電話するといったら、「電話」しかなかったので大手キャリアに依存がかなり強かったんですね。

なので、電話をたくさん使いたい人には「電話かけ放題サービス」が必要でした。
でも、今はLINE、カカオトーク、Skypeなど通話できるアプリは選べるほどあります。

仕事以外で電話を使う人もかなり減ってきたんじゃないでしょうか。
仕事でどうしても電話をかける回数が多くなる人は、大手キャリアの「電話かけ放題サービス」を受けた方が安心だと思います。

LINE電話で十分なら、格安SIMを契約することをおすすめします。