ジュースを飲まなくなってから体重が全く上がらなくなった。【つらくないダイエット】

Life

こんにちは、けんです。
最近、なかなか体のあらゆるところに支障をきたしはじめているアラサーです。

老いていくのはしょうがないことですが、体の不調は本当に勘弁してほしい、、
若いうちにこの支障を放っておいたらまじでやばいと思ったんです。

特に最近気になっているのが、肥満です。

僕は別に太っていませんし、どれだけ食べても太りにくい体質です。
体重が増えたとしても、少し運動したり食事量を減らせばすぐに体重を落とすことが…

つい3年前くらいまではできてたんです、、

でも、最近は好きなように食べていると、少しづつですが体重が積み重なっていくようになりました。

年齢を重ねるほど代謝が落ちて、太りやすくなってしまうのは周知の事実。
「これは今のうちに対策しないと後々もっと苦労することになる…」と思いました。

それで、ただひとつやめただけで体重が増えなくなりました。
それはジュース(清涼飲料水)です。

ここでいうジュースは砂糖が含まれている清涼飲料水全般です。
コーラなどの炭酸ジュース、オレンジジュース、スポーツドリンクなどです。

ジュースはなぜ太るか

水分だからこそ太る

あんなの水分ですから、全然太らなさそうだと思いますよね。
実は水分だから太りやすいんです。

多くの場合、清涼飲料水はたくさんの砂糖を含んでいます。
つまり糖質ですね。

炭水化物やケーキなどの甘いデザートにも含まれていますが、ジュースと違うのは「固体で噛む」ということです。

食べ物は消化に時間がかかります。
糖質もその分ゆっくり吸収されるので、まだマシなわけです。

それに対してジュースはダイレクト。
一気に血糖値が上がります。

肥満の原因は糖質

肥満の原因は、脂肪やカロリーではなく糖質が原因だということがわかってきています。
食べ物は、消化・吸収の過程で新しい物質に分解されるので、脂肪を食べたからといってそのまま体の脂肪になるわけではありません。

糖質は、ブドウ糖に分解されて血液中に放出されます。
血糖値が上がりすぎないようにインスリンというホルモンが余ったブドウ糖を処理してくれますが、これには限界があります。

処理されずにさらに余ったブドウ糖たちは中性脂肪として蓄えられます。
これが糖質が太るといわれる所以です。

一応、飢餓に備えた人間の防衛本能なんですけどね。

フルーツジュースもダメ?

コーラやサイダーが体に悪いというのは、もう周知の事実ですよね。

でも、あたかも健康にいいみたいなイメージで売っているオレンジジュースやりんごジュースなどのフルーツジュースも、コーラとかと同じようなものなんです。

なぜかって、これも噛まない糖質ジュースだからです。
果糖は砂糖とは別で太らないイメージみたいになってますが、糖質には変わりませんので全然太ります。

そもそもフルーツ自体、果糖といってるだけで糖質かなり多めですから、食後に少し食べるくらいがちょうどいいです。
絞って飲み物にするなどもってのほかなんです。

スポーツの時はお茶を飲め

スポーツドリンクは砂糖を混ぜた砂糖水です。

「糖はエネルギーになるからスポーツに最適!」とかいわれていますが、ただの企業戦略だと思ってください。

糖質はとりすぎてはいけないだけで、人間にとって大切なエネルギーなのはたしかです。
でもそれは低糖質を心がけた食事でとりましょうよって話です。

砂糖水でとるべきではありません。

ジュース制限は最高のダイエットだと思う

自身に課したジュース禁止令は半年前に始めて今も継続中です。
実践した結果、個人的にベスト体重である61kgをキープしています。(身長170cm)
※去年は5kgくらい増えて大変だった。

適度な運動はしているものの、ご飯はわりと好き放題食べていますね。

ちなみに炭酸は大好きなので、炭酸水を飲んでいます。最初はちょいさびしいですが、慣れればけっこう美味しいです。

肥満に悩んでいる人、僕のように太り始めている人は、きついダイエットをする前にまずジュースをやめてみてください。

けっこう効果がある上に、ジュースやめるだけで空腹とかに耐えるわけではありませんから、おすすめです。