ブログに挿入する適切な画像の縦横比は?代表的な3つの画像比率を紹介

Web

ブログを書いていれば、画像をアップロードして記事中に挿入することがありますよね。

この時、画像の縦横比で迷うことってありませんか?

無料素材サイトからダウンロードしてきた画像をそのまま使用するなら気にしないかもしれません。

でも自分でイラスト画像を作成したりする場合、「ブログの適切な縦横比ってなんだろう?」って考えこんでしまうことがあります。

細かい人ならブログに挿入する画像の縦横比(アスペクト比)は揃えたい!っていう人もいるでしょう。

実際、人の目に馴染んでいる比率や、美しいと思う比率があるのも事実です。こういう細かいところにもこだわるとデザインが一味違ってくるんじゃないかと。

今回はブログでよく使われる画像比率をまとめました。

Web制作やブログでよく使われる画像比率

ここでは、基準は幅1280pxにしています。

4:3

幅が1280pxなら縦は960pxになります。

コンパクトデジタルカメラなどに使用されている縦横比ですね。

幅に対して高さもそれなりにあり、正方形に近いような画像比率です。高さが必要な画像の時に利用するといいかもです。

3:2

幅が1280pxなら縦が853pxになります。

一眼レフやデジタルカメラに使われている画像比率です。フィルムの時代から受け継がれている歴史の長い縦横比なので、迷ったら3:2にしておけば間違いないかなと。

みんな見慣れている縦横比です。

16:9

幅が1280pxなら縦が720pxです。

パソコンのディスプレイに使われている比率ですね。たとえば、フルHDのディスプレイは幅1920px×1080pxです。

ちょっと横長なので、高さのある画像は切れてしまうので注意しましょう。

画像比率計算に便利なツール

画像比率は、サイズが変わったら計算し直したりして求めるのがとてもめんどうです。

画像サイズでそんなに時間取られていたら本末転倒です。

僕はWeb計というWebサービスを利用させてもらっています。基準となるpxを入力すればすぐに比率のサイズを出してくれるのでとても便利です。

▼Web計
http://zeller-lab.com/img-width/

まとめ

気に入ったものや、時と場合によって使い分ければいいと思います。

迷ったなら3:2です。理由は最も一般的だから。広く使われているということはそれだけみんなの目に馴染むということです。

基本3:2で、高さがある場合は4:3、高さをもう少し下げたい場合は16:9にするなど、使い分けましょう。