ミニマリスト名乗るなら当然坊主にするでしょ?【究極の断捨離】

Life

こんにちは。けんです。

すみません、煽りタイトルみたいになりました。

僕、少し前に坊主にしたんです。もう伸びましたけど。

僕は自称ミニマリストで、日々断捨離したり物の厳選をしていますが、坊主にしたことに関してはミニマリストと一切関係ありません。(ただの興味本位です)

でも、坊主にしてみたら、これは「究極の断捨離であり、ライフハックだな」と思い、坊主にして当然とは思わないながらも、ミニマリストは坊主にしたらいいじゃないかと思いました。

ということで、今回の記事は「ミニマリストが坊主にするべき理由」をまとめました。

坊主のビフォーアフター

まずは、真実確認のために僕の坊主になる前と後をご覧ください。

こちら坊主になる前の私です。

長いとは言えませんが、短いとも言えない髪型です。

これが、どん!

お坊さん!

すみません、これはオレンジのTシャツを着て狙いました。

坊主はメリットばかり

坊主のメリットは多すぎました。まさかこんなに楽だとは思いませんでした。

メリットはざっと以下のとおり。

シャンプーの節約

シャンプーが恐ろしく長持ちします。

坊主だと「シャンプーするの?」とか言われますが、僕は頭皮が敏感なのでしっかりシャンプーします。

美容院代の節約

永遠に坊主にするならバリカン買って美容師いらずです。

自分で刈るのがめんどくさいなら、1000円カットで坊主にしてくれるので、1ヶ月にかかっても1000円です。

洗髪の時短

髪がないので、洗うのは頭皮だけ。どれだけ丁寧に洗ったとしても髪があった時より遅くなることはありません。

より坊主のありがたみを感じることができるのはドライヤーですね。1~2分で乾いてしまいます。

整髪料いらない

当然ワックスやスプレーなどの整髪料は必要ありません。ここらへんの用品が家からなくなるだけで洗面台スペースはかなりスッキリします。

あと、わりと整髪料も長い目で見ればバカにならない出費なので、全く必要なくなるのはありがたいです。

頭皮の薬が塗りやすい

僕的に一番助かったのは、頭皮の管理がしやすいこと。(実際これも坊主にした理由の一つ)

頭皮湿疹で悩まされていて、薬を塗っていたんですが、髪が長い時は薬がなかなか頭皮まで届かず困っていました。

坊主にすれば遮るものはありません。通気性もよくなり、今では頭皮もすっかり良くなりました。

いつでも頭洗える

汗だくになってもどこでも頭洗えます。そしてすぐに乾きます。

坊主にするデメリットは?

デメリットというか人それぞれの感じ方次第ですね。

伸ばすのがつらい

剃ったばかりのきれいな坊主自体は、とても気に入っていました。我ながら似合うとも思っていました。

つらいのは伸ばし始めた時。ウニみたいになってダサいです。

といっても対処法があり、ツーブロックにすれば大分スタイリッシュになります。最悪、帽子をかぶればいいです。

飽きる

思いのほか似合い、なにより楽なので、このまま坊主でいようかと思ったんですが、3ヶ月もしたら飽きました。

まじで飽きます。伸ばしたくなります。

ワケありの人だと思われる

大人になると坊主の人ってあまりいないです。

そのため、坊主にしている人はなんか特殊な人だと世間から思われます。坊さんなのか、出てきたばかりの人なのか、とかですね。

気にしなければいいんですけどね。

服が似合わなくなるかも

ファッションの系統によっては、坊主によって似合わない服装があります。きれいめだと、けっこう難しいと思います。

僕は当時ストリート系のファッションをしていたので、むしろ坊主だとなかなか様になりました。

まとめ

ミニマリストが坊主にするべき理由をまとめました。

メリットは言わずもがな。余計な物を買う必要がなく、時間とお金を節約できるので最高です。

デメリットについては、自分が気に入るか、飽きるかということと、世間の評価を気にするかなので、このデメリットは人次第です。

僕は飽きたので、坊主やめました。今はまだ若いので、もう少し髪で遊ぼうと思いました笑

でもとても良かったです。また気が向いたらやろうかと思います。